【中級 タイ語総合読本】のトリセツ 俺的使い方の徹底解説!

今回紹介するのは、初級レベルのテキストを一通り済ませた人が、最初に選ぶべきタイ語中級のテキストです。

そもそも中級レベルのテキストが少ないというのがタイ語学習業界の現状です。

選択肢もおのずと限られてきます。

そんな中でも特にオススメしたいのが白水社から発行されている「中級タイ語総合読本 – タイの社会と文化を読む -」です。著者は斉藤スワニー、三上直光のお二人で書かれたテキストです。

選択にあたって重要視したのが、初級からの橋渡しがスムーズであるという点です。

当ブログでは初級レベルを完成させるために「タイ語の基礎」三上直光著を推薦しています。

【増補新板 タイ語の基礎】のトリセツ 俺的使い方の徹底解説!

そこで同じ著者で書かれた「中級タイ語総合読本」が次のステップとしては最適なのではと考えます。

著者が同じというだけがオススメするポイントではありません。

このテキストの構成はタイ語学校の中級クラスのものと同じスタイルになっています。

おそらく「中級タイ語総合読本」でなされてる手順が今後の一般的な学習方法なのではと考えます。

こういった中級以降の基本的な学習のスタイルに慣れるという意味でも取り組む価値があると思います。

また、量も中級レベルを通過していくには適切なのです。

他にもいろいろありますが、取り敢えず本文をどうぞ

スポンサーリンク

「中級タイ語総合読本」の概要

このテキストは全部で25のテーマについて、それぞれエッセイと会話文の2つの部分で構成されています。

これらのテーマはタイに関するトピックで成り立っており、タイ語と同時にタイの基本的な文化も学べるというふうになっています。

この辺りもタイ語学校と同じです。

全テーマを通して共通の構成としては、まず本文があり、その後に、文中に出てきた重要な単語やフレーズを解説するというスタイルです。

なので、どのトピックから始めても問題ありません。

各テーマごとに使われる単語は決まってくるので、必要なテーマや、気になったトピックから進めていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

「中級タイ語総合読本」をおすすめする理由

基本的にはエッセイの部分も会話の部分も変わりません。

文章で使われる表現と、会話で使われる表現とで若干違う傾向はありますが、どちらも必要なのでバランスよく学んでいく必要があります。

その点、「中級タイ語総合読本」ではエッセイと会話文が交互に出てくるので、一つのテーマ毎に学習を進めていくとバランスよく表現方法を獲得できます。

少しタイ語学校の中級クラスの話をします。

僕が通っていた学校では中級レベルとしてスピーキングを2つライティングを2つの計4クラス用意されています。

一つのクラスでだいたい20弱の項目に分かれています。

なので20 X 4で、項目数は80以下です。実際は75とかそんなところです。

この内、ライティングでは今回紹介しているテキストと同じ様な長文を扱います。

なので、トピックとしては40弱程度です。

また、スピーキングはライティングで出てきた表現方法を復習も兼ねて、再度学習したり、中級レベルで学ぶべき表現方法で、ライティングのトピックを使った学習では漏れたところを学習していきます。

一方「中級タイ語総合読本」では25のテーマがエッセイと会話文に分かれているので実際は50課です。

その後に本文中に出てきた重要表現を解説するのは、タイ語学校のスピーキングの授業に相当します。

つまり、タイ語学校のスピーキングとライティングが「中級タイ語総合読本」の本文と解説、若干の補足説明で、ほぼ同じ様なことを実現できてしまうのです。

独学でタイ語を学ばれている方にとってはこれ以上のものはないと云った作りになっています。

もちろんタイ語学校に通われている方にとっても、従来の学習スタイルと同じように、復習も兼ねた学習が出来てしまうというわけです。

もちろん音声も付属しています。中級ではまだ音声学習は必須と言えるので、このあたりも中級のメインテキストにオススメする理由です。

この辺りのことを踏まえて、次は具体的な学習の手順を説明します。

具体的に学習を進める手順

どのテーマから始めても良いですが、必ず前回の復習をまずして下さい。(初日はいいです。ww)

次に本文を音読して下さい。

恐らくまだスムーズには読めないと思います。

その際はタイ文字のテキストに戻って確認します。

【タイ文字教室 練習帳付き】のトリセツ 俺的使い方の徹底解説!

気になる方はじっくりやっても構いませんが、一応一通りタイ文字の学習を済ましているという前提なので、軽く確認でいいと思います。

この中級のテキストの目的の一つに流暢にタイ文字が読めるようになるレベルまで持っていくというのがあるので安心して下さい。

タイ文字を読むルールを学んだだけで、つっかえずに読めるようにはなりません!

出来れば10回位音読するのが望ましいですが、少なくとも2、3回は音読して下さい。

「音読」というのがポイントです。

アルファベットで学習を始めたタイ語ですので、単語数も思ったより蓄積されているはずです。

「この単語はこう綴るんだ!」という発見もあると思います。

この音読の段階で大体の意味がとれるのが理想的ですが、最初はそうはいかないと思います。

そこで「???」という疑問の気持ちを残しつつ解説を読みます。

すると「!!!」というアハ体験ができるはずです。

このアハ体験こそが記憶をする上で、重要な感情なんだそうです。

この解説の部分では例文がでてくると思いますが、自分でも該当の表現パターンを使って例文を作ってみて下さい。

自分で作った例文をチェックしてくれるタイ人がいれば理想的ですが、いない場合でも作ってみることをオススメします。

今まで学習してきたこと全体を頭の中で記憶喚起していく作業なので、効率的に記憶が出来るはずです。

以上一通り解説が理解できたら再度、本文を音読します。

この時点で初めて、日本語訳を見て確認します。

最初から日本語訳を見てしまうと、「実践的なトレーニング」ができません。

話の内容がわかった上で会話するなんて、実際にはありえないことです。

なので、「実践的なトレーニング」ができるのは最初の一回だけです。(物忘れの激しい人は当てはまりませんけど。ww)

楽をしたいばかりに、貴重な「タイ語だけで理解する」という初見の学習を棒に振らないようにして下さい。

最後に本文の内容を理解した上で音声学習に入ります。

「音声が一文流れたらその後に続いて発話する」ということを最初にします。

CD の音声をその都度一時停止してもいいですし、自分で音声を編集してもいいです。

この作業が面倒なら飛ばしても構いません。音声の編集に時間を使うのは本末転倒ですから。

次にシャドーイングです。

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。 言葉の聞き取りと発音の間の反応時間は254ミリ秒から、150ミリ秒までの短さになる。 これは、発声の音節の長さの遅れといえる。対象者はただ復唱するように指示されても、自動的に文法や意味を処理する。 シャドーイングで復唱される言葉の方が、単に音読する場合より、より口調などの模倣が忠実に行われる。ー引用:Wikipedia

と難しく書いてますが、音声に続いて発話するだけです。

最初は早くて口がついていけないかもしれませんが、その場合は再生スピードを遅くしてみて下さい。

この編集にはそんな大変ではないと思いますし、音源そのままで再生の速度を変化させるものもあります。(アプリ等)

最後に音声なしで、自分独りで音読してみます。

この時は一文一文の意味を理解しながら音読してください。

最初に時とは格段に理解が進んでいるはずです。

以上が一回の大体の手順です。

こんな感じの方法で、テキストを2、3周もすればタイ語の実力は相当ついているはずです。

中級の学習は基本的にはトレーニングなので、つまらなくなるかもしれませんが、確実にこなしていけば必ず成果はでます。頑張って下さい!

おわり

スポンサーリンク
スポンサーリンク