タイ語のリスニング学習にオススメのアプリ レベル別聞き方のコツは?

外国語を学習する場合、インターネットラジオというツールを使うという手段があります。

日本や、海外のアプリをダウンロードして聞いたことがある人も多いんじゃないでしょうか?

もちろんタイ語の放送が聞けるものも中にはあります。

どーもあそーくです。

タイ語の場合、英語のものに比べるとその数は決して多くはありませんが、リスニングのトレーニングには有効です。

こういったものをスマホにダウンロードして聞くと、常に生きたタイ語が聞けるんですから、日本にいて独学をしている人にとってはマストアイテムです。

今回は、そんなタイ語の放送が聞けるアプリと、おすすめの放送局を紹介します。

タイ語の放送が聞けるアプリ

タイ語の放送が聞けるアプリは、英語に比べ少ないですが、数としては結構なものがあります。

そんな中で、僕が日常的に使用しているアプリで特にオススメしたいものを紹介します。

記事の最後にダウンロード先のリンクは貼っておきます。

MCOT専用のアプリです。

MCOTとは

オススメはMCOTのラジオです。MCOTは「บริษัท อสมท จำกัด (bɔɔrisàt ɔɔsɔ̌ɔmɔɔthɔɔ camkàt)」とタイ語で書きます。

通称オーソーモートーです。放送中何度も

オーソーモートー♪ というジングルを聞くと思うので覚えてしまうでしょう。

ここは政府系のメディアで、日本でいうところのNHKのような存在です。

といったバックグラウンドを持っている放送局で、当然ですが、標準的なタイ語を聞くことが出来ます。

他がダメというわけではありませんが、発音は聞きやすいと思います。

オススメの放送局

このオーソーモートーは複数の放送メディアから構成されていますが、今回オススメしたいのは、ラジオのFM100.5です。

なぜこの放送をオススメするかと言うと、多くのFM局(日本も含む)がプログラムのメインに置いているのが「音楽」であるのに対して、この放送局の内容は「会話」が中心となっています。

音楽が全く無いというわけではありませんが、その99パーセントが会話です。

タイ語は声調言語です。なので、音楽だとどういった声調なのかが分かりません。

タイ語のリスニング学習に教材は会話である必要があるのです。

その点このFM100.5では、タイ人が日常話している標準的な会話スピードで、リスニングのトレーニングには最適なのです。

一般のタイ人と会話をする場合、中には気を使ってゆっくり話してくれる人がいますが、ラジオだと自然のスピードがどういったものかが体感できると思います。

こういった日常で話されているタイ語(スピードも含め)を聞くことによって、自分が今学習している言語の到達点というのも常に意識できるので、比較的最初の段階から聞くこともアリです。

レベル別タイ語ラジオの聞き方

ラジオを聞くといっても、その聞き方はタイ語を始めたばかりの人と、タイに何十年も住んでいる、タイ語に関しては上級者では自ずと異なってきます。

ここでは、特に初中級者向けの「タイ語学習の一環としてのラジオの聞き方」について解説したいと思います。

タイ語入門レベル

ここで言う入門レベルとは、当ブログでオススメしているテキストのレベルで言うと、「一夜漬けタイ語」くらいのレベルの人です。

【一夜漬けタイ語】のトリセツ 俺的使い方の徹底解説!

このレベルの人がラジオを聞いてもさっぱりわからないと思います。

今あるテキストを終了させて、次のレベルに進んだほうがいいとは思いますが、タイ語ってこんな感じっていうくらいな気持ちで聞くならいいと思います。

さっぱり分からなくて自信を失くすくらいなら聞かない方がマシです。

タイ語初級レベル

タイ語の初級レベルくらいは「ゼロから始めるタイ語」を学習中くらいのレベルです。

【ゼロから始めるタイ語】のトリセツ 俺的使い方の徹底解説!

このレベルはまだ文字はやっていないけど、タイ語の文法は少しは分かるし、基本的な単語が少しづつ増えてきたような状態です。

知っている単語が出てきたら、耳で拾えるようになるのが理想的です。

CDやMP3などで聞いていると、同じ単語なのに、他の人の発音しているだけで聞き取れないという弊害を調整してくれるハズです。

特にタイ語学校は女の先生が多いので、男性の声で聞くと耳がついていかないといった現象がナゼか起こります。

こういったことからもラジオを併用していくメリットはあります。

タイ語初中級レベル

このタイ語初中級レベルは「タイ語の基礎」を学習中のレベルくらいです。

【増補新板 タイ語の基礎】のトリセツ 俺的使い方の徹底解説!

このレベルは文字も一通り読めるし、基本的な単語は大体理解できる。といったレベルです。

ココまで来ると、トピックによっては話の内容が大体はわかるという人も出てくるのではないでしょうか?

出来るだけ辞書は使わないで話についていけるのは理想的ですが、キーワードとなる単語がわからないとどうしても耳が拒否してしまうこともあります。

そんなとき強い味方となるのが「音で引く タイ日実用辞典」です。

この辞書は耳で聞いたとおり(個人差があるのは前提)の音で正しいタイ語を検索できるのです。

人によってどう聞こえるのかに違いがあるのは仕方のないことです。

この辞書は複数の候補から検索できるようになっているスグレものです。

タイ語 最初に買うべき辞典オススメの2冊 併用するのが最も効果的!

このラジオをリスニング学習のツールとして使うなら是非用意しておきたい辞書です。

自分の感じている音と実際の音の差を認識することが出来るようになるのは大きなメリットになると思います。

以上レベル別にラジオの聞き方を説明しましたが、どうですか?

中級以上になってきたら、ラジオから新しい単語を仕入れたりと何かと聞く機会は増えてくると思います。

おまけ

このMCOTのFM100.5はただ聞くだけのラジオではありません。

見えるラジオなんです。

といっても、文字多重放送ではありません。

実際見えるんです。

「???」

となる人も多いことでしょう。この場合の見えるというのは文字通り見えるなんです。

何が見えるかと言うと…

放送中のスタジオの実況中継です (゚∀゚)

斜め上すぎて言葉も出ません。CM中のスタジオの様子もご覧いただけますwww

それはいいとして、ドラマでタイ語のリスニングを学習する人も中にはいますが、「スラング的」な言い回しとがが多めで個人的にはオススメできません。

どちらかというと上級者向けです。

その点ラジオだとテキストに出てきたものや、タイ語学校で習ったものがすぐに出てくるので、実際的です。

そんなこんなで、このアプリはタイ語学習サポートのマストツールになるのではないかと思います。

MCOT App

MCOT App
開発元:MCOT
無料
posted withアプリーチ

見えるラジオは公式サイトからどうぞ(PC向け)