ココどこ?となる前に、恥ずかしくない日本人になる為のタイ語のすゝめ

バンコクを歩いていると、時々

「あー、そうだった! ココはバンコクだ!」

なんて錯覚に陥るときがあります。

冒頭の写真のように日系のショップで買い物をしている場合、買い物に夢中になってるとこういった感覚になることがあります。

どーもあそーくです。

今回は、バンコクにある日本ということから話を初めていきたいと思います。

スポンサーリンク

バンコクの中の日本

伊勢丹、紀伊国屋、そして多くの日本料理店などなど…

最初の二つは完全に日本の店ですが、タイ人経営の日本料理の飲食店も数多くあるのがバンコクです。

バンコクの居酒屋 剣心は心の傷も頬の傷も癒やしてくれるかもしれません

タイ人にとっては日本語の文字が看板とかにあったりするとカッコいいって感じるのかもしれませんが、僕ら日本人からすると、ただの文字です。

こんな感じで日本が溢れてるバンコクでは、アングルによっては

「どこの地方都市?」

と間違えるような写真だって撮れます。

スクンビットの休日のベンチャシリ公園なんかは日本人だらけで

「いやー、今日はタイ人多いな!」

ってな具合です。(笑)

こんな感じのバンコクですので、多分ですけど、日本語しかできなくても1年位は余裕で生活できてしまうのではないかとも思ってしまいます。

スポンサーリンク

謎の質問

「日本人ってタイでモテますか?」

ってなぞなぞがありますが(笑)、スクンビットのようなところで、日本語だけで生活している人にはなんて答えたら良いんでしょうか?

そうは言っても、普通の日本人ならそんなにおかしな人もいないですし、「論外」というのはないのかもしれません。

タイ人は本当は日本人のコトどう思ってるの?掲示板を覗いてみたゾ!

ただ、相手を判断する前提というか、いちばん大事なコミュニケーションが取れてたらの話です。

ろくすっぽ意思の疎通も取れない状態で、「モテますか?」と質問されたらどう答えるのが正解なんでしょう?(゚∀゚)

有名芸能人みたいに「キャーキャー」言われたいだけ? 多分違うと思うので、どういう意図でそういう質問をするのかがサッパリわからないんです。

仮に英語が出来るならば「英語の出来る」タイ人にはモテる可能性はあるのかもしれませんが、多分英語ネイティブの人の方がより好まれるのは間違いありません。(多分)

じゃあ日本語を勉強している人を探す?

タイ人にとってだけでなく、世界的に日本語は難しいとされてる言語です。

確かにタイ人の耳はいいかもしれませんが、日本語は文字の学習に入った途端にいきなりレベルが上がります。

タイ人の日本語学習者もかなりの数ですが、バンコクの人口に比べたら全然少ないのは分かりますよね?

三種類の文字を使い分けている言語なんて普通、誰がやりたいですか?(笑)

しかも同じ漢字で3つも4つも、文字によってはそれ以上の読みがある言語ですよ!

それよりもこっちがタイ語を勉強しましょうよ! とも思うんですが、いかがでしょうか?

タイ語 入門・基礎 オススメ参考書3選 その特徴と学習する順番

タイの外国人料金

グラブタクシーはバンコクでも使っている人は多いですが、通常のタクシーより若干割高です。

ではなぜグラブタクシーを使うかと言うと、たま~に「遠回り」をしたり、メーターを使わない場合があるからです。

そんな場合を含めて計算しても、やっぱり通常のタクシーの方が安いと思いますが、グラブタクシーの運転手は多少は英語が出来るという特典が大きいのかと思います。

それ以外にも日本人に限っての話かもしれませんが、客とか運とかに関わらず、料金が一定だということも大きいのかもしれません。

人を見てから料金が決められるなんて話は普通は聞きませんが、海外(特にアジア)では、ない話ではありません。

「コイツ金持ってそうだからチョット高く請求してみよー」

なんて軽い気持ちでふっ掛けてくれます。

いわゆる外国人料金というやつです。

外国人料金には外国人がお得な場合と、そうでない場合がありますが、日本の JAPAN RAIL PASS なんかは外国人がお得な場合ですね。

人を見てから料金を決める場合は、外国人がお得でない場合です。

どことは言いませんが、レストランのメニューなんかにタイ語と英語の二つが表記されている場合、料金が異なる場合があります。

数字もタイ文字の数字で記載されていたりするので、タイ語のわからない人にとってはちょっと確認できないようになっています。

元々の値段が安かったりするので、余り目くじらを立てるのはちょっと… 英語のメニューでのサービス代くらいに考えたらいいのでは? とも思うんですけど。

それでもなんか不公平感はありますよね?

そんな二重メニューのない店だけを選んでいくか(分かればいいですが)、諦めてタイ語の勉強を始めしかありませんね。www

で何が言いたいのかと言うと…

冒頭で述べた日系の店だと、客によって区別するということはまずありません。

が、そういった店だけを選んで行くというわけにもいきません。

「モテる」ということをネタに話をしましたが、要はコミュニケーションをとるということは対人間との関係で、一番基礎にあるものです。

そして実際には存在している外国人料金も、要はタイの社会を理解していないけどサービスをしますよ! というオプションの料金です。

ま、本来必要のないオプションだと思いますが…

そんなこんなを含めて、せっかくタイに住むことになったのならタイ語が出来るようになった方がこんな感じでお得でなことがありますよ! という紹介でした。

英語圏だといろいろとタイ語に関するフリーの講座だったり、アプリだったりが多くありますが、日本語の場合だと数に限りがあります。

のっけから日本語話者は不利なんです。(T_T)

当ブログも一人でも多くの日本人タイ語学習初心者の助けになればと、今後もいろいろと情報提供していこうと思ってます。

別に強制的に「タイ語やれ!」と言ってるわけではありません。ww

「やらない」ということも選択肢の中にある自由なバンコク生活ということです。

おわり

スポンサーリンク
スポンサーリンク