日本の高齢者はスゴイ!タイで出会った移住予定で旅行に来ていた人の話

タイに移住している日本の高齢者は意外と多いんです。

確かにマレーシアとかの方が有名ですが、バンコクでも結構な数の日本の高齢者がいます。

どーもあそーくです。

直接交流する機会はあまりないのですが、そんな中、今回は僕が出会った日本のおばあちゃんとの話しです。

それではどうぞ

日本の高齢者の多く住むエリア

僕がタイに来てまだそんなに経っていない頃の事です。

バス停でバスを待っていると、いきなり日本語で話しかけられたことがありました。

相手はタイ人です。

何の仕事をしている人かは忘れてしまいましたが、日本で働いたことがあるって話から、服を買うならどこがいいとか、食事はどうすればいいとか他愛のない話をしてました。

ちょうどラップラオの駅周辺を少し過ぎた辺りをバスが通過したときです。

「この辺りは日本のおじいさんやおばあさんが沢山住んでるよ!」

という話になりました。

僕も当時はラップラオに住んでいたのですが、街中で見かけることはまだなかったので

「えー! そうなの?」

なんて空返事してました。

しかしよくよく考えてみると、当時僕の住んでいたところでも何人かの日本人を見かけることはありました。

その全員が高齢者だったのです。

とすると、当時でも街中にも結構見かけていたのかもしれません。

ラップラオ辺りまで来ると、家賃の相場もスクンビット周辺と比べるとだいぶ安いので、年金だけでも結構な暮らしができるのかもしれません。

僕が年金貰える頃には大した額ではないかもしれませんが…(T_T)

それだけではないのかもしれませんが、なんでラップラオに日本の高齢者が多いのか理由は今だによく分かりません。

僕もその後ラップラオに住み続けるのですが…

バンコクで光熱費コミコミ10000バーツ以下のアパートに住んでみた!

どの人が日本人でしょうか

思ったより多い日本の高齢者の方々ですが、どの人がそうなのかはわからないものです。

「この人は日本人じゃないな!」

ってのは分かっても

「この人は日本人だ!」

っていうのは中々確証を持てないものです。

そもそも日本人の特徴って何でしょう?

南北に大きく広がった日本列島には様々な顔の人がいます。これが日本人だ! っていう顔の特徴はないような気がします。

特にバンコクはチャイナ系タイ人の割合がダントツに高いんです。見た目だけでは絶対に判断は出来ません。

脳内に「タイに日本の高齢者はあまりいない」っていうフィルターがかかってたら、まず見かけてることに気が付かないはずです。

そんな日本人ですが、仕草なら一発で分かってしまうもんなんです。

どういう仕草か? っていわれると困りますが、分かる時はわかります。タイ人も分かるらしいです。

そんな「日本人の仕草」を漂わせていたおばあちゃんがいました。

ターミナル21で出会ったおばあちゃん

ターミナル21で、何かの展示即売をしている会場でのことです。

買い物をしているおばあちゃんを見かけたのですが、そのおばあちゃんは英語がいまいち出来ません。せいぜい単語が分かるレベルです。

どうやら日本のおばあちゃんのようです。

まー英語を流暢に話せたとしても相手のタイ人の方が(???)って顔をしていたので意味はありませんがww

で、困ってるみたいだったので簡単に通訳してあげたわけです。

それがきっかけで少し話をしました。

聞くとバンコクに移住する予定で、下見のために旅行に来ていたとのことです。

住むのはバンコクにするって決めていたらしいですが、どのエリアが良いとかはやっぱり来てみないと分かりません。

「家族と一緒に?」

と思っていたらどうやら一人暮らしをするらしいんです。タイ語はもちろん出来ません。

「なんなんだ? このバイタリティーは!!」

女性に年齢を聞くのは憚られるので分かりませんが、80歳前後といった感じです。

ウチの親に爪の垢でも飲ませてあげて下さい!

タイで生活するに必要なスキル

おそらくこのおばあちゃんはタイに来ても上手くいくだろうな! と思いました。

というのも相手が外国人であったとしてもコミュニケーションとるのが自然にできているんです。

「どういうこと?」

って思いますよね?

電車の中とかでオバちゃんがいきなり話しかけてきたりするでしょ? ソレです。(笑)

東京ではあんまりこういうタイプの高齢者の方は見かけなくなりましたが、都市部だけの現象でしょうか?

いきなり話しかけても大丈夫という安心感がそうさせているのでしょうが、少なくなったってことは安心感がなくなったということ?

人が恐怖を感じるのは「わからないこと」に対してです。

話さない、何を考えているのかわからないような人はタイ人だって恐怖を感じます。

タイ人は本当は日本人のコトどう思ってるの?掲示板を覗いてみたゾ!

タイ語が分からなかったとしても、なんらかの反応を示してくれる人には恐怖感や不気味な感じは抱かないものです。

件のおばあちゃんはこういう点で合格です。物怖じせずに話しかけようという態度がタイ人には好感が持たれるようです。

この点、若い人の方がむしろ適応能力は低いのかもしれません。若いと照れたり、格好を付けたがる傾向が強いので、知らない人とコミュニケーションをとるのが苦手かもしれません。

最近の若い人はそうでもないのかも。寧ろ自分たちの世代が一番ダメだ (T_T)

性格的にはコミュニケーションを取ることに抵抗がないかどうかが重要なのですが、それでも海外では性格だけで乗り切るには限界があります。

というわけで移住者にタイ語学習は必須です。

タイ人とは余り接したくない! って場合は英語だけで生活することも不可能ではないですが、精神衛生上あまり良くないのでは? と思います。

新しい言語の習得は(例え上手く行かなかったとしても)脳の活性化にとても効果的です。

しかも新しいことに挑戦するのは楽しいですよね? 学校も楽しいはずです。

できれば日本語で授業をする学校より、タイ語だけで授業をしてくれる学校に行くことをオススメします。

【バンコクのタイ語学校】僕の通ってた学校の授業の進め方や進級の仕方

ポイントは「クラスを進級することに執着しない」ことです。

レベル以上のことをしても効果は薄いですし、楽しくないなら本末転倒です。

こういった学校では、何度同じクラスを受講しても構いません。マイペースが一番です。

日本語で授業受けた場合には、周りは日本人だらけです。変な競争心が頭をもたげてくる危険性もはらんでいます。(笑)

このおばあちゃんにもこんな感じでタイ語学校をススメてきました。(学校のまわし者ではありません)

というわけで、いつになっても新しいことに挑戦しようという気力はすげーな! と感心し、気持ちを引き締めたという話でした。

おわり