タイのトイレ 初めての旅行で困らない為に知っておきたい基本的使い方

タイのトイレと言えば、あの強力な手持ち式ウォシュレット・ガンが最初に思い浮かぶのではないでしょうか?

どーもあそーくです。

今回はタイのトイレについてです。

お食事中の方はご遠慮願います。

それではどーぞ

トイレはどこ?

旅行していると、現地の食事が合わなかったり、緊張していたりで、いつ例の波が襲ってくるとも限りませんwww

そこで、まず覚えてほしいのが「トイレはどこ?」というタイ語です。

「ห้องน้ำอยู่ที่ไหน(hɔ̂ŋ náam yùu thîi nǎi – ホンナーム ユーティーナイ)」

これは必須ですので、是非覚えて下さいww

タイ語は声調言語なので、カタカナ発音をされる方はジェスチャーを混じえて言えばわかってくれると思います。

といっても、行きたい! と思ったときに無いのがトイレです。

バンコクの街中にいれば大きいモールの中とかだと公衆トイレがありますが、他の場所ではそうは行きません。

通常はガソリンスタンドとかで借りるんですが、初めての場所でガソリンスタンドがどこにあるかなんて知りません。

日本だと普通はコンビニとかで借りて用を足します。

このコンビニでトイレが借りられるというのは、タイ人の驚くことの一つでもあります。

バンコク内だと「歩いて数十秒ごとにコンビニがある」なんてことも珍しくありません。

日本と同じにしたらトイレで困る旅行者もいなくなりますが、街中トイレだらけですwww

地下鉄などの設備でも、チャトチャック駅など極々一部を除けば、基本的にトイレは設置されていません。

もちろんBTSの駅にはありません。

タイ式トイレの使い方

冒頭でも書いたとおり、タイのトイレと言ったら強力なウォシュレットですが、意外とトイレットペーパーのところも多いんです。

また、これ以外にも様々なタイプのトイレがあるので、各々について使い方を説明します。

洋式便器

最近は洋式の便器が増えてきました。

旅行でタイに来た場合、洋式しか使わなかった! なんて人も多いハズです。

この便器では、コトを成し遂げたあとは、紙か水かの2パターンに分かれます。

基本となるウォシュレットタイプです。

洋式便器の多くがこのタイプです。

用を足した(大)あと、ジュボー-ーーっとすれば終了ですが、このウォシュレット強力です。

並のハエなら一撃で仕留められるほどです。

それをアナタの大事な部分に打ち込むのですから、それ相応の覚悟をして下さい。病みつきになります(笑)

トイレットペーパーが併設されている場合もあります。

先に紙を使うか? 水にするか? タイ人永遠のテーマですが(ウソ)、誰も見ていないのでお好きにして下さい。

トイレットペーパーのみのタイプにも言えますが、紙は基本的に流してはいけません!

近くにボックスがあるので、そこに捨ててください。

抵抗感があるのはわかりますが、そのまま紙を流すとすぐに詰まり、更なる惨事がアナタを襲いますのでご注意下さい。

むしろ紙を流せる日本が特殊なんです。

ちなみにトイレット・ペーパーは場所にもよりますが、小型自転車のタイヤくらいのロールに巻かれています。

カラカラと大量に使用しても安心な(店側)シングルです(笑)

日本と同じく紙がないときもあるので、トイレットペーパーは各自持参しといて下さい。

和式というかタイ式?

次はしゃがんでするタイプのものです。日本の和式とは少し形が違います。

和式と違うのはその形状だけではありません。

穴の開いている方が後ろです。日本のタイプと逆です。

タイ人が日本に来ると同じように混乱し、失敗してしまうこともあるようなので、間違えないようにしましょう。

このしゃがんでするタイプ(便宜上タイ式とします)はウォシュレットのハンドガンが設置してあることもありますが、少し古い建物に設置してあるトイレだと注意が必要です。

どんな注意かと言うと、「手桶で流しながら、左手で洗う」といった難問をクリアしなければならないからです。

桶で流すので、このタイプのトイレの床は、たいていビチョビチョに濡れています。すベリ安くなっているので足元にも充分注意して下さい。

トイレで転んで怪我をしたなんて、恥ずかしくてヒトに言えませんww

「そんなトイレ、地方にいかないから関係ない!」

なんて言っているアナタ! 甘いです。バンコクにもまだまだこのタイプ、あります。

インドや、東南アジアをぐるぐる廻っている強者のバックパッカーのアナタなら問題ないでしょうww

そうでない方、ムリに使う必要はありません。

事前に近代的ビルの公衆トイレを見つけ、きちんと準備しとけば大丈夫です。

緊急事態のときだけ、と思っておいた方が旅を楽しめます。

以上がタイのトイレの基本的な使い方です。

基本以外の使い方があるのか? というツッコミは受け付けません。

古いタイプのトイレは完全に個室であることが多く、シャワールームを兼用していることもあります。例え、普通の店に設置してあるものでもです。

そうでない、デパートや空港などの場合はドアの下のほうが大きく開いているので、むやみにノックするのは避けたほうがいいでしょうww まぁいわゆる欧米式です。(女子用は知らん)

まとめ

どうでしたか?

ただトイレの使い方だけの記事でした(泣)

まだトイレが有るだけマシです。昔は穴を掘って、そこにするだけだったようですから。

といろいろ書きましたが、最近のバンコクでは日本と同じく洋式、トイレットペーパー&ウォシュレット(日本と同じもの)も増えてきました。

都市部だけだと思いますが、だんだんと世界は均一化しているようです。

おわり