dtac SIM の延長をするには?コンビニとウェブでのトップアップの方法!

海外で購入した SIM がプリペイド方式だった場合、延長して使えるようにするには定期的にトップアップ(チャージ)をしなければなりません。

番号等が変更になるのが構わなければ新たに購入しなおせば良いのですが、どうしても電話番号を維持しておく必要がある人もいます。

こういう人のためにその番号を保持しておく方法を紹介します。

どーもあそーくです。

タイのプリペイド式の SIM の場合、定期的にトップアップすることで、その番号の保存期間はどんどん延長されていきます。

では、どうやったらトップアップできるのか? わからない場合もあると思います。

そこで今回はトップアップの仕方を dtac を例にして具体的に説明したいと思います。

まだ検討中の方はこちらをどうぞ

タイでSIMを購入したら、費用は?そのメリットを徹底解説!-dtacの場合-

滞在している場合にはコンビニでの方法、またタイにいない場合にウェブ上でトップアップする方法の2種類に分けて紹介するので、それぞれ用途によって参考にして下さい。

それでは

スポンサーリンク

コンビニでチャージする場合

トップアップ自体は dtac ショップで出来ます。ターミナル21の6階(最上階)にあるショップでは英語は通じます。

ただ、近くに滞在している場合はいいですが、トップアップするだけのためにわざわざ行くのは時間がもったいなく思います。

そこで、コンビニでも出来る方法を紹介します。

バンコク中心部では英語が通じるところも多いですが、少し郊外に行くと英語が通じなくなります。

そこで、英語が通じないコンビニでもトップアップできるようにタイ語での言い方などを併せて紹介します。

バンコクはいたるところにコンビニがあるので、この方法を知っているとかなり便利になると思います。

通話中に突然通話費の残金が切れてしまった場合などは、この方法を取らざるをえません。

まずはコンビニを探して下さい。

見つけたら

「ヤーク、トッアッ

と言って下さい。「チャージする」という言い方はタイでは一般的ではないので通じない可能性の方が高いです。

タイ語では「เติม(təəm)」と言いますが、「top up」でも通じます。日本語発音にならないように気をつけて下さい。「トッ、アッ」の方が通じやすいかもしれません。

店員がトップアップをしたい旨を理解したら SIM のキャリアを伝えます。今回は「dtac」です。

「ディーテーック」と言って下さい。「ディーターック」では通じないかもしれません。

店員は電話番号を聞くか、レジ前にある機械に電話番号を入力するように促されます。

入力する場合は間違わないようにし、最後にエンターの緑のボタンを押して下さい。

次に入金する額を支払って下さい。

ここで例えば500バーツのような大きい額を支払うと一度に入金出来ない場合がありますので、200か300バーツ位までの支払いが適切です。

しばらくすると入金された内容を知らせるメッセージが届くので完了です。

どうしても通じない場合以下の文字を店員に見せるのもアリですwww

(トップアップして下さい!)

ขอเติมเงินหน่อยนะ!

と言いながらスマホを指させば万事OKです(笑)

スポンサーリンク

ウェブでのトップアップの方法

PCからトップアップする方法と、スマホから専用のアプリをダウンロードしてトップアップする方法があります。

PCの場合は

https://www.dtac.co.th/en/serv/prepaid/mini-e-service/index.html

から自分の電話番号を入力すると自分のページに入れます。

この際、0も入れた通常の番号を入力します。タイの国番号とかは必要ありません。

ショートメッセージで番号が送られる場合やすでにその番号が入力された状態の画面がでるので、これで自分のページに画面が切り替わります。

「PayBill/Refill」と書いてあるところを探してそこから手続きすればトップアップは完了です。

スマホのアプリは以下からダウンロードできます。

dtac

dtac
開発元:Total Access Communication Public Co Ltd
無料
posted withアプリーチ

ダウンロードして開くと以下のような画面になります。

電話番号入力画面

Telephone number の欄に購入した SIM の電話番号を入力します。

入力したら、Request OTP code via SMS を押して下さい。

するとショートメッセージで4桁の番号が送られてきますので、これを入力して下さい。

時々勝手にマイページが開くこともあります。(笑)

ダウンロードが無事できたら My menu からトップアップします。

以下が My menu になります。

マイメニュー

下の方にある Usage を選択してください。

次のページに移動します。

 

 

 

usage summary

QUICK REFILL の下の、50・100・200バーツと金額を選択できるので、チャージしたい額のところをクリックして下さい。

これ以外の金額をチャージしたい場合は Other をクリックします。

 

その他チャージOther を選択した場合、新たに画面が出てくるので、チャージしたい金額をクリックします。

 

 

 

金額を選択すると以下の画面が出てきます。

支払い方法ここでは Credit/Debit/ATMcard を選択して下さい。

 

 

 

カード番号入力

僕の場合は既に登録してあるカード番号が出てきますが、新規の場合はこの段階で登録します。

※デビットカードでの登録も可能です。

黒い部分(画面ではCard number)を押すと次の画面になります。

 

submit

この画面が出てきたら、金額を確認して、Submit Refill をクリックします。

 

 

 

デビットカードを利用の場合は Submit Refill をクリックした後、以下の画面のようにパスワード等入力の画面に移動します。

デビットカードの場合

この画面はジャパンネット銀行の場合ですが、各自利用している銀行の指示に従って下さい。

 

 

 

以上全て終わったら、少々待ちます。

成功

しばらくすると、こんな風に Refill Successful とでたら、Done を押して完了です。

以上がスマホのアプリでチャージする方法す。

 

 

これ以外にもアプリでは、お好みのプラン(プロモーション)を購入することも出来ます。

その場合は、My menu に戻って Recommend for you としてオススメのプランが列挙されてますので、お好きなプランを選べます。

他にも残額をチェックしたり、有効期限を確認することも出来ます。

日本でトップアップする際の注意点

日本でトップアップを行う際でも、dtac からショートメールを受け取る必要はあるので、SIM を dtac のものに入れ替えておく必要があります。

後は同様の手順でOKです。

ショートメールの受信の際は若干の費用がかかります。(12バーツ程度だったと思います)

万が一 SIM が海外(タイ国外)で使用できない設定になっていたりなど、ショートメールが受信できない場合は dtac のカスタマーセンターにメールを送ってみると良いでしょう。

簡単な英語で対応してくれます。

以上簡単でしたが、dtac のトップアップの手順でした。(2019.01)

おわり

スポンサーリンク
スポンサーリンク